2007年01月28日

昭和50年代の世相

『昭和史の天皇』保存版は、昭和55年11月から再刊されたことは前にも触れた。

その内容と別に、今ではちょっと考えられない興味深いことがある。

この本そのものが、個人へのインタビュー、聞き書きで成り立っているからおびただしい数の人々が登場する。
証言者たちは、政官界の著名人から通訳や運転手などまで各界各層の人々だ。

そして、それぞれがその場にいた当事者しか知りえない事実を真摯に語っている。読んでいてまさに、歴史の内側に入り込んで行くような不思議なトリップ感で、それこそ時間を忘れてしまう。

驚くのは証言者のほぼ全員の、証言時の現住所が地番まで詳しく記載されていることにだ。戦中、終戦時の地位、階級、職業、そして昭和40年代=証言時の職業や勤務先までがはっきりと記されている。

これってすごくないですか?
発表時は一番部数の多いとされたた大衆紙に、そして不特定多数の人間が手にする一般書籍にです。

さらに、10余年後の再刊にそのまま収録されている。

そうです、少なくとも1980年頃までは、日本はいまより安心で安全な国だったんです。

日本人の民度がまだ高かったんです。日本人が日本人を信じていました。
多分、数字を調べればわかるはずですが、まわりの外国人の数は今よりはるかに少なかったはずです。日本人同士だからという暗黙の信頼、言ってみれば、日本人の絆がいまよりは太くて強かった。

プライバシーを必死で守らなくても、他人の私事に立ち入るような卑しいことはだれも思いもしなかった。それが「浅ましいこと」「はしたないこと」だと、大人も子供も自然に承知していました。
誰に教わらなくても、いわばそれが「日本という社会の空気」だった。

ちょっと家をあけるのに、鍵なんかかけませんでしたよね、まだその頃は。

いま、こんな日本にだれがしたんでしょうね?
posted by shuuin at 18:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。