2007年03月17日

死力を尽くす

「武蔵」「大和」の艦体が、いわば二重構造のようになっていたことは、あまり知られてないかもしれない。

同じ戦艦でも、大和型とよばれるこの二つの巨艦は、単に大きいだけではなく、ほかにも優れた装置をそなえていた。

それがボタンひとつで作動する注排水装置だった。
いったん水がはいりこんでも、すぐに排水できるしかけである。
フネの前部と後部に注排水指揮所があり、内務長が傾きを監視してすぐに傾きを直す。
「武蔵」のこの優秀な装置が、4,5回目の攻撃によってきかなくなってきた。

復元のための度重なる注水で、艦首部が水面下にもぐり左に傾いてくる。
「後部兵員室右方、人力でホースで注水ッ」と副長は命じた、と。
最後まで死力をつくすのが、海員魂なのかもしれない。
海軍に限らず、海の男たちだけがもつ船乗りのこころ。

この間にも、甲板上では銃爆撃によって、機銃員や弾薬係の半数を失いながら、なお対空砲で抗戦していたのだ。
ちなみに、記録では18機の敵機を撃墜している。

そして、先に救助されてた「摩耶」の乗組員たちが、「武蔵」のいたるところで、欠員を補いながらともに戦っていた。

15:15、空襲、敵約75機が「武蔵」に集中。
      魚雷11本、直撃弾10発、至近弾6発・・・

公刊戦史に、「水柱林立、爆煙、砲煙同艦を包み、まさに阿修羅の断末魔であった」とある。
この最中でも、「武蔵」の対空砲火は激しく応戦して6機撃墜しているのだ。

わずか6機だけかと笑う人もいるかもしれない。
が、ほぼ絶望的状況の中で死力を尽した根性に、敬意を表したくなる。

傷ついた「武蔵」には、ずっと重巡「利根」と駆逐艦「清霜」が護衛として付添っていた。

どんなに苦しんでいても、救助の手をだすわけにはゆかない。
ただ見守るだけだ。いつも護衛にあたる艦の乗組員の心中はいかばかりだろうと思うのだが、忖度するにあまりある。

「総員退艦」で飛び込むか、沈没で投げ出されてからしか救助できないのだから。
そして自らもまた、対潜対空の警戒と戦闘をしなければならないのだから。

公刊戦史の記述は、付添った艦の乗員の見たものだったのかと、ふと思った。








タグ:根性 排水
posted by shuuin at 16:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。