2007年04月10日

時代の子

人間は自由だ、自由であることが人間らしいことだ。

よくそう言われますし、そのことに何の異議もありませんが。

ただ、われわれが逃れることのできない拘束が、二つありますね。
時代拘束性と地域拘束性、この二つの頸枷から自由であることはまず不可能でしょうか。

地域は地理的とおきかえてもいいですが、民族とか人種といったほうが正確かもしれませんね。

たとえばわたしは、今という現代を生きている日本人、ということになります。

個人的嗜好でいいますと、江戸時代に生まれたかったと、よく思います。それも、寛政以降、文化文政あたりの江戸に・・・・・


ところで、今日は「大和」のいわゆる沖縄特攻のときの第二艦隊司令長官、伊藤聖一中将にからんだエピソード。

映画「男たちの大和YAMATO」で、渡哲也が扮した姿を思い浮かべる人も多いかも知れません。

レイテ沖海戦で、謎の反転をして栗田健男第二艦隊司令長官が帰ったのが、11月下旬。
19年12月23日、伊藤聖一中将が軍令部次長から二艦長官に補填されています。
ちなみに、伊藤は栗田の海兵1期下でした。そして、同期にはあのレイテ沖海戦の西村祥治(西村艦隊)、志摩清英(志摩艦隊)の両中将がいます。

20年4月7日、伊藤聖一中将は「大和」と運命をともにします。

ところで、この伊藤聖一司令長官の長男伊藤叡大尉が、筑波空で特攻隊の戦闘機訓練をしていたことを、昨日初めて知りました。

しかも、くしくもあの海兵72期、猪口「武蔵」艦長の長男智中尉と同窓であったとは・・・・・

20年4月28日、伊藤叡大尉は、沖縄伊江島附近で乗機零戦と運命をともにしました。
敵艦に特攻攻撃中、迎撃してきた敵戦闘機群と交戦した、と。

この一人息子は、父の死を知っていたのでしょうか?
聞かされていたとすれば、沖縄の海を飛んでなにを思ったのか?
とてもその胸中を忖度できるものではありませんが・・・・

伊藤中将は、出撃前日、候補生70余名を総員退艦させています。
若い彼らを後の世のために残す、と有賀艦長らときめた、と。

三田尻沖で「大和」に最後の給油をしていた駆逐艦「花月」の、航海長がまた海兵72期でした。この「花月」が、候補生たちを連れて帰ります。
特攻隊の息子と同年代の候補生に対するそのときの気持ちは、どんなであったろうか?と、航海長が同窓生の父親の胸のうちを思いやっておられます。

彼らはまさに、みんな昭和という「時代の子」、時代の親子ということになりますか。


伊藤叡大尉の妹さんの、兄の思い出を語る手記にも出会えました。妹自慢、妹思いのお兄さんだった姿が彷彿としました。
きらりと光る一瞬の光芒のような、昭和の青春・・・・・
23年後に書かれたこの手記を読んで、思わずウッと声がでてしまい自分で驚きました。


 >かっての慟哭をもって、兄を泣くことはもはやありません。
  しかし妻も残さず、ただ妹の胸の中のみに生きる兄を愛おしい
  ことは、さらに切なるものがあります。


昭和20年4月、日本の桜は例年のように咲いてくれました。
若者たちはみな、せめてもの飾りに桜をかざして、死地に赴いたようです。
海軍兵学校72期生に限っても、この終戦の年の春4月だけで、なんと61名もが戦死しています。調べてみたら、ほとんどが航空隊でした。まさに、先に猪口中尉が叔父に報告した通りでした。


この頃、海軍士官に嫁がれて、四日市の海軍の官舎におられた妹さんのもとに、父伊藤聖一中将の訃が報らされたのは4月28日だったそうです。まさに、お兄さんの戦死の当日だったのですね。


桜の季節には、いつも浮かんでくる詩の一節があります。
「年々歳々花あい似たり、年々歳々人同じからず」


靖国の桜の花の数が、亡くなった人たちの数に足りるのだろうかと、埒もないことが胸をよぎりました。
















タグ:時代 拘束
posted by shuuin at 18:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。