2007年07月04日

キューマ危機?

マスコミのネーミングにも、時々感心するようなものが登場する。

今回のこれも、後世の政治史に名を残すかどうかはわからない?
「しょうがない」大臣といっても、普通名詞みたいにたくさんの該当者がいらっしゃるでしょうしね。

「しかし、バとマは通音だし、うまいこという」と感心したら、JFK のキューバ危機を知らない世代には、ただの駄洒落以下だよ、といわれてしまった。
「JFKはいま、JKFだよ」と阪神ファンから横槍が入った。意味違うんだけど?
かくして現代はいよいよ、混迷の度合いを深めていきます。

たまたま、読んでいたものの中に、「統制派、皇道派というのは報道陣が勝手につけた呼び名です。当人たちは、まったくそんなこと、思ってもいなかった」という証言がありました。
相沢事件から226事件の前後で、昭和史を語る上の歴史用語として定着してる言葉が、当時のマスコミ、多分新聞記者の作り出したものだとするとちょっと驚きます。いや、案外そんな例はたくさんあるのかもしれません。

この元防衛大臣はもともと重量不足で、就任挨拶からひどく違和感を覚えた人物でしたから、今更驚きません。
ただ、歴史をまったく知らない、半可通の発言にちょっと腹がたちます。

昭和20年の、ヤルタ会談からポツダム会談にいたるあたりのことを、少しでも知っていれば、こんな浅薄な講演ができるはずがない。

人道的見地から、原水爆の使用そのものを問うのはこの際別にしますが・・・・・

ソ連を対日参戦させようと、懸命に誘いかけたのはそもそもアメリカだったはず。
ヤルタ会談に集まった三巨頭、これも今考えるとずいぶん思い上がったものに思えますが、ルーズベルト、チャーチル、スターリンの三人が集まったのは、大戦後の獲物の分捕り合戦?といえば言葉が過ぎますが、実体はまさにそれ。
このときの秘密協定で、千島樺太を餌にソ連参戦を頼んだのがルーズベルト米大統領です。これが確か20年2月。

その年の7月17日から8月2日にかけて、ポツダムで米英ソの三巨頭が再び会談します。ベルリン郊外のポツダムでということは、すでにドイツが降伏していたからで、日本ではこの会談で決まったポツダム宣言=日本の無条件降伏だったことから、対日戦終結のための会談と捉えますが、比重の大半はドイツ、ポーランドの戦後処理の問題にあったといわれます。

ところで、ヤルタからポツダムの間に、ルーズベルト大統領が亡くなって、米大統領は副大統領のトルーマンが昇格します。トルーマンは初めての、対外会議でかなりの緊張をしていたといいます。英首相チャーチルが頼りだったようです。そして、この会談では一人スターリンが上機嫌で主役だったといわれます。
ドイツ、ポーランドに対する賠償や領土欲の強さに、チャーチルが警戒感を深めてスターリンを牽制したのもこのときです。
そのチャーチルも、英国選挙で保守党が破れたため、会談の途中で労働党の新首相アトリーと交代しています。

こんなドラマがあったことなど、無論日本側はまさに「神ならぬ身の知る由もなし」でした。

ところでアメリカ側はルーズベルトが、米軍の人的損害をこれ以上増やさないために、戦後鹵獲するはずの領土を割いても、ソ連の対日参戦を希求したのでした。
ところが、たしかトルーマンがポツダムにむかう船上でか、着いてからかに、かねて開発中の新型爆弾=原爆の完成が知らされます。
つまりその時点で急に、わざわざソ連に頼まなくても、日本に勝てることがはっきりしたのでしたが・・・・・・・・

スターリンはなんとなくそれを悟って、あるいは情報網もあったかもしれませんが、分け前にありつけなくなってはまずいと、あわてて参戦して日本がポツダム宣言受諾した後で、樺太はじめ北方領土の島々に攻め込んだわけです。


米軍は、ソ連占領から日本を守るために、やむを得ず原爆を落としたわけでは、決してない。それだけは、はっきりしています。
ただ、結果論として、占領軍が米軍であったことで、ともかくいまの日本が残ったとはいえるでしょう。


日本人はお人よしですから、たとえば京都や奈良の古都は、空襲されないだろうなどと当時思っていました。原爆の標的にされてた都市がどこであったかを知ったら、今でもびっくりするはずです。標的候補はいくつもあったのですから。

たしか、長崎なども上空の雲のかげんで選ばれてしまった、不幸な都市だったわけですよね。あの日、長崎はこよなく晴れた青空だった・・・・・
いろいろな意味で、原爆はわれわれ日本人全員の、頭の上に投下されたともいえるかもしれません。


ところで、ポツダムに集まった首脳たちはだれも、天皇の戦争責任などは口にしなかったそうです。
天皇の戦争責任を言ったのは、連合国では中国の蒋介石だけだったのです。







posted by shuuin at 19:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。