2007年07月17日

電力戦国時代

いま年金問題で議論が沸騰してますが、その所轄の厚生労働省は誰でも知ってるように厚生省と労働省が一緒になったもの。ところでその厚生省ができたのが、昭和12年だといったら意外な顔をする人がいます。
近衛内閣の閣議で決まったのが、盧溝橋事件の2日後だったというと、二度びっくり?この成立に関しても面白い話があるのですが、それはまた別のところで。

思いがけない地震災害で、今朝も原発のことで東京電力が大臣からお叱りを受けたとかの報道がありました。
自然災害でも叱られる電力会社ですが、いまの日本のインフラの基幹のひとつである電力会社が、実は昭和12年の「電力国家管理法」によって生まれたということに、触れておきたくなりました。

この法律は、このあとの日本の戦争の歴史などから、いわゆる国家権力による統制、軍事統制と十把一絡げにされているようです。

けれども、よくよくその経緯をみるとことはそれほど単純ではなく、むしろよくそこまでやってくれたと感謝したいほどです。
その遺産があったからこそ、日本の戦後復興が可能だったし、いまの日本の電力事情があるのだな、そう気づかされます。

成立したのは近衛内閣でしたが、これほどの大事業が一朝一夕で決まるはずもありません。実は、あの二二六事件で倒れた岡田啓介内閣にすべての鍵があったのですね。
岡田内閣といえば、二二六関連でしか語られませんし、その事跡についても問題や事件はともかくこれといった印象がありませんでした。
ところが、この内閣のときにできた「内閣調査局」という役所が、なんともすごいことをたくさんやってます。
先の厚生省が生まれたのも、この調査局からだったのですね。
その遺産の中には、戦後に花開いたものもいっぱいあるのですが、いまあらためて進行中のものもたくさんあります。そして電力の国家統制の必要性をあらためて示したのもここでした。


「統制」という言葉から、つい連想するのは物価統制とか統制経済とか、とにかく上からなにか締め付けられるイメージですか。言葉の与える印象というものがもしあるとするなら、あまり良いものではなようです。われわれには、ある種の言葉に持つ先入観があるのかも知れません。

ところでこの「統制」という言葉、もともとは陸軍用語だったんですね。
ほかにも「構築」なども陸軍の言葉、陣地構築などからきています。
さっきも、ギャルみたいな女子アナが、なんとかを構築する云々とニュースを伝えているのを視て、ふき出しそうになりました。なにもわざわざそんな言葉を使わなくても、ほかにいくらでも言葉があるだろうにと。ところが、ネットでもウェブ構築とかLAN構築とかよくつかわれてますね。日本陸軍も何かを残してくれている?

あれあれ、また脱線しました。話を線路に戻します。

電力国営案自体は、明治40年にあの後藤新平が、「水資源は一会社が私有するのではなく、国全体、国民全体のものでなくてはならん」といってから、何度か取り上げられていました。ただ、誰も正面から取り上げたことがなかったそうです。当時は水力発電が主力ですが、水源地を私有する企業が水利権を持っていたのですね。
それを、岡田内閣で初めて本格調査に乗り出したわけです。

昭和10年当時の日本はすごいですよ、もう開けてびっくり玉手箱状態。電力会社は、株式会社組織だけで650社以上あったのですから、まさに電力戦国時代で群雄割拠してました?
電気料金は会社のコストによって違うから、地域によってまるでばらばらだった。

庶民が家庭で使う電球(十六燭光って暗そう?)だけでも、百種類以上あって会社ごとに違っていたといいます。
工場の動力も会社ごとに差があったのでは、困りますね?

五大電力*の間では、送電線もダブっていたそうですからひどい二重投資。そりゃ鉄塔や電柱をそれぞれ建てたのでは、ムダどころの話じゃないですね。家庭の軒に何本も引込み線があって、それぞれにメーターがついていた、なんて話はまさにハナシです。

内閣調査局の調査官によってこういう実態が、はっきりしたわけです。
おまけに、政党を通じての供給区域や水利権の争奪戦があることも、はっきりしたとか?
二二六事件を起こしたのは、政党政治への憤りだったという見方をふっと思い出します。

あまりに自由奔放になりすぎた、つまり乱れたものを統制が取れたものにする。言葉の本来の意味の「統制」、それがこのときの「電力国家管理法」案だったわけですね。


その遺産を受けて、いま私たちが日本中どこでも同じような料金やサービスや安心を、当たり前のように享受できているのだなと、あらためて気付かされました。

いろいろなところで、昭和は脈々と生きているのですね。


* 五大電力というのは、関東では東京電灯(いまの東京電力)、名古屋から阪神にかけて東邦、大同、宇治川電気、日電がしのぎを削っていました。巨大な資本力の数社が、同一地盤で顧客の争奪戦を演じたわけで、いまのいわゆる公共事業的性格は、皆無に等しかったようです。











posted by shuuin at 18:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。